小間井大祐の経歴やwikiプロフ!学歴(出身高校・大学)が凄い?金沢市長へ!

イベント情報

小間井大祐さんが、石川県金沢市長選に立候補しましたね。

 

経歴やwikiプロフ情報や、学歴(出身高校・大学)などを注目している人は多いでしょう。

 

前市長・山野之義さんがは石川県知事選への立候補で辞職したため、市議の欠員補選と合わせて投票となりました。

 

立候補者は5人で全員新人さんなんですね(*^^*)

 

その中でも、小間井大祐さんは立候補者中では最年少の39歳と注目されています。

 

若さを武器に、若い世代の声を反映した街づくりを目標にするなどの公約を掲げて勝負しています。

元々市議として活躍するなど若いころから政治の道に進んだ人物ですので、どのような人物なのか気になります。

 

今回は、小間井大祐さんの経歴やwikiプロフ情報と、学歴(出身高校・大学)などについて見ていきましょう。


スポンサーリンク


小間井大祐のwikiプロフ!

小間井大祐さんのwikiプロフを紹介します。

選挙の際は名字をひらがなにして、「こまい大裕」として活動しています。

 

こまいって名字だけではいくつか漢字が思いつくので、間違い防止のための「ひらがな」表記でしょうね。

当選すれば、石川県金沢市で初の30代市長ということで「#政治が若返る」をメインに活動予定です。

 

小間井大祐のwikiプロフィール

  • 本名:小間井大祐(こまい だいすけ)
  • 名前:小間井大祐(こまい だいすけ)
  • 生年月日:1982年10月10日
  • 年齢:39歳
  • 出身地:金沢市

 

  • 血液型:A型
  • 星座:てんびん座
  • 身長:170cm前後(推定)
  • 体重:60kg台(推定)
  • 職業:会社員、金沢市議(3期)
  • 趣味・特技:三味線、茶道、ジョギング

 

 

趣味が三味線や茶道というのが、歴史や文化の残る金沢出身らしさですね。

工芸や現代アートを担う若手作家を支援するNPO法人ZAWAKANAの理事長もしているなど多くの活動をしていることがわかります。

 

 

政策目標としてはそんな金沢の歴史や文化の価値を引き上げ、世界遺産登録も目指すなど故郷の文化遺産の保護にも力を入れています。

 

小間井大祐さんは、政治家になったら子供たちへの予算を増やす、オンライン推進や次世代サービスの導入など若い世代に向けた取り組みを実現したいと語っています。

小間井大祐の経歴!

小間井大祐さんの経歴を紹介します。

 

出身大学卒業後に会社員を経て、2014年に市議補選で初当選し市議を3期務めた人物です。

 

会社員時代は上京していたようで、人材採用コンサルタントメーカーで新規事業の立ち上げに従事するなど首都圏で仕事をしていたのだとか

 

その後、金沢にUターンし、初めは広告プランナーとして働きますが、若手の立場から街の問題点を届けることを目的に市議になりました。

 

小間井大祐さんの市議時代の経歴は政治経済対策や税収の改善、子育て政策や働き方改革など若い世代に関連のある政策に携わっています。

 

結婚していて子供もいると言われています。

若者として、父親としての視点を持っており子育て世代の気持ちも分かる、若い市民には身近な市議というわけですね(*^^*)

 

今回は、石川県金沢市長選に立候補するために、自民党を離党し2022年2月に議員辞職となっています。


スポンサーリンク


小間井大祐の学歴(出身中学)が凄い?

小間井大祐さんの学歴で、出身中学校を紹介します。

 

金沢市が出身地で、「市立泉中学校」に通っていたと言われています

泉中学校は共学で、口コミによる順位は県内47校中29位という好成績だったとか。

 

周囲の治安の良さとアクセスの良さ、施設の充実が高評価の学校でした。

周辺の高校のレベルが高いようで、テストが難しい、校則が厳しいといった意見もありますが、優しい生徒さんが多いのだとか。

 

 

小間井大祐さんの学歴で、出身中学校は環境問題や人権、ジェンダーなどユネスコの活動理念に準じた活動を行うユネスコスクールに加盟していると言われています。

 

卒業生にはミュージシャンの中田ヤスタカさんがいます。

きゃりーぱみゅぱみゅさんへの楽曲提供が有名な方ですね。

 

私は、小間井大祐さんのwikiプロフを知るまで金沢出身とは思っていませんでした><

 

学生時代はハンドボール部に所属していて、学校ホームセンターにはハンドボール部がありませんでしたので現在は無くなってしまったのでしょうね。

小間井大祐の学歴(出身高校)が凄い?

小間井大祐さんの学歴で、出身高校を紹介します。

私立の「星稜高校」を卒業しています

 

星稜高校と言えば野球の松井秀喜!というほど世代ではないのですが、出身校ぐらいは知っている知名度のある学校ですよね。

 

中高一貫でもある学校ですので、小間井大祐さんは高校からの外部生ということになります。

 

難関校を目指すコースと、学業と部活を両立するコース、部活動で全国を目指し進学もするコースと生徒に合わせた学習スケジュールがあるのが魅力の学校です。

 

小間井大祐さんの出身高校の偏差値は「55~67」ですから、難関の大学を目指す学歴としては十分良いと思います。

 

 

県内全体では6位、県内私立高では1位の偏差値を誇る難関校で、成績が優秀だったのですね(*^^*)

部活動は野球部ではなく硬式テニス部に所属していたのだとか。

小間井大祐の学歴(出身大学)が凄い?

小間井大祐さんの学歴で、出身大学を紹介します。

2005年に「青山学院大学経済学部」を卒業しています

 

経済学部で、専攻は地方財政専攻でした。

社会に対する柔軟な視点を養い、思考力と分析力を培うというのが経済学部経済学科の目的ですからこの学びが金沢に戻ってからの政治活動へのきっかけにつながったのでしょう(*^^*)

 

 

小間井大祐さんは、経済学部出身ですから卒業後の進路もそれほど困ることなく就職できたのでしょう。

青山学院大学は卒業生に、国会議員や外交官・企業のトップや教育学者など社会に影響する職業の方が多いです。

 

 

小間井大祐さんも、そんな歴代の先輩に続き議員になった経歴があるのですね。

ちょっと謎ですが、サークルはビートルズ訳詞研究会に所属していたのだとか。

小間井大祐の評判について

小間井大祐さんの評判を紹介します。

フェイスブックやInstagram、TwitterなどSNSを駆使した広報活動にも力を入れています。

 

3月8日・9日はサイレントデーという活動を行っています。

サイレントデーは、高校入試の試験日であるこの二日間に選挙カーや拡声器を使用した選挙遊説をしないという活動で、Twitterで投稿すると多くの「いいね!」が集まっていました

 

若い世代の声を活かした活動に反映されているんですね。

フォロワーはそこまで多いわけではないですが、応援する暖かいコメントが多く寄せられており、しっかりとした支持基盤があることがうかがえます。

 

同じ若手議員仲間からの評判は、「めちゃくちゃいい人」と言われています。

優秀で誠実な人物であると太鼓判を押されていました(*^^*)

 

 

小間井大祐のまとめ

小間井大祐さんのwikiプロフ情報は、「名前:小間井大祐(こまい だいすけ)・生年月日:1982年10月10日・年齢:39歳・出身地:金沢市・血液型:A型・星座:てんびん座」です(*^^*)

 

市議時代に所属していた自民党からは支持を得られなかったようで、今回は無所属での挑戦でした。

若い市長の誕生かと注目が集まっています。

 

出身高校は、「星稜高校」に通われていました。

そして、大学は「青山学院大学経済学部」を卒業しています。

 

知事選、市長選、市議補選と金沢市民にはトリプル選挙になることで投票率も前回より高くなると予想されていますね。

 

特に、小間井大祐さんがターゲットにする若い世代の選挙参加が当選のカギになると思うので、多くの方が投票に行ってくれたでしょう。

 

選挙までは毎日遊説を続けられていたので、地道な活動が実を結ぶことを期待したいです。

 

 

小間井大祐の経歴やwikiプロフ!学歴(出身高校・大学)が凄い?金沢市長へ!

についてまとめてみました。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です