田中聖の薬の入手ルートはどこ?逮捕歴(前科)や裁判が気になる!薬の種類を調査

イベント情報

田中聖さんは、元ジャニーズグループ「KAT-TUN」のメンバーですが、現在はシンガーソングライターとして活動しています。

 

薬の入手ルートはどこなのかや、逮捕歴(前科)や裁判情報などを調査してみましょう。

現行犯ではなく、2022年1月30日に宿泊したビジネスホテルに置きっぱなしにしていて、現在、自分のものだと認めています><

 

もともと素行不良などの問題があってジャニーズ事務所を退所させられている過去があります。

以前にも同様の報道があったこともあり、今回、冷ややかな意見が多いです。

 

今回は、田中聖さんの薬の入手ルートはどこなのかや、逮捕歴(前科)や裁判はいつかするのかについてと、薬の種類などについて見ていきましょう。


スポンサーリンク


田中聖の薬の入手ルートはどこ?

田中聖さんの、薬の入手ルートはどこなのか調査しました。

逮捕のきっかけになったのは、名古屋市内のホテルでした。

 

チェックアウトした田中聖さんの部屋を掃除していたスタッフが、白い結晶が入った袋を見つけ通報したことで捜査が始まりました。

 

田中聖さんが名古屋に行った目的は、薬の入手ルートとして最適だと思ったからではなくライブへの参加のためだと言っています

 

捕まった2月24日も、ライブに参加するために名古屋市内にいたところを愛知県警に職務質問されています。

2月だけでも7公演を回っていたのですね。

 

実家は千葉県で、現在の住所は不明ですが全国を巡ってライブしているところを見るとホテル暮らしも多いでしょう。

 

どこかのホテルを転々とする生活では、特定の売人から薬を買うのも難しそうですが、きっと何かの方法があるのでしょうね。

 

以前に、逮捕された際も「自分のものではない」と話していました。

その頃から、売人と関係があったとすれば、入手ルートは前回と別にして違う薬を手に入れた可能性もあるでしょう。

 

最近の田中聖さんは、女性とホテルに入る姿をたびたび目撃されるなど金銭的にも厳しかったと言われています。

 

もしホテルに一人でいたのではなく女性がいたら?女性が薬を持っていたら?など気になることが多いですが、それも今後の捜査で明らかになるのではないでしょう。

田中聖の薬の入手ルートは海外の可能性はある?

田中聖さんの、薬の入手ルートは海外の可能性はあるのか紹介します。

 

入手先として時々報じられるのが、外国からの密輸入ですよね。

田中聖さんが入手した薬の製造は国内ではもちろん違法で、海外でもダメです><

 

多くは空港の取り締まりで摘発されていますが、やはり国内に入り込んでいるものもあるのでしょう

 

前科(犯罪歴)があるので、今回、緻密な計画を立てたのでしょうが、個人での密輸入はほとんど不可能に近いと思うので、薬の入手ルートはどこかの組織的な大口輸入先からの個人的な購入になるのが普通なはずです。

 

色々な種類がありますが、どれも海外だった場合の入手ルートの解明はかなり困難になると思うので、可能性は低いでしょう。

 

そんな薬を使うことはもちろん悪いことですが、出回っていることがそもそもの原因でもある以上、やっぱり製造元を断ちたいという思いはありますよね。

 

入手ルートを突き詰め、組織的な逮捕につながるような捜査になるのかが注目です。


スポンサーリンク


田中聖の薬の種類を調査

田中聖さんの、薬の種類を調査しました。

前回の逮捕歴は、違法な草の葉を持っていました。

それは、乾燥させたものや樹脂をすりつぶしたものなどいくつか形態があります。

 

使用することで陽気になりますが、乱用すると間隔花瓶や平衡感覚の乱れ、生殖機能障害などを起こすため、禁止されています><

 

田中聖さんが入手した薬は、一般的にはアンフェタミンやメタンフェタミンのことを指し、麻黄という植物が原料です。

 

神経興奮作用があり、眠気や疲労感をなくすことを目的に流通するようですが、乱用すると心身衰弱や幻覚妄想などを生じるため、禁止されているものです。

 

薬の及ぼす影響としては、今回、田中聖さんが手に入れたものの方が体への影響は強く、危険度が高いと言われています

 

今回の逮捕で」は、2017年よりも強い薬に手を出したと考えられますね。

田中聖の逮捕歴(前科)が気になる!

田中聖さんは、逮捕歴(前科)があるのか紹介します。

2017年に一度、捕まっています><

 

この時も、薬の入手ルートはどこかわからず証拠不十分のため不起訴処分となっていました。

 

渋谷で現行犯逮捕された2017年は、所持量がごく少量だったことと薬が見つかった車が親族名義の車で乗降者の特定が困難だったことなどが不起訴の理由でした。

 

今回は現行犯ではなく路上での逮捕で、しかも身柄を拘束されたきっかけは1月末ということです。

 

所持していたグラム数まで把握されているということは、警察は証拠品を押収しており、極秘に捜査した結果の逮捕ではないかと言われています。

 

田中聖さんが、路上で逮捕になったのも、行動確認をしたうえで不審な点があったのではないかと言われていますね。

 

 

一人で滞在したホテルで薬が出てきたとなれば証拠不十分とはなりにくく、逮捕歴(前科)もマイナスに働き今回は起訴になるのではないかと噂されています。

田中聖は薬の所持と使用で裁判結果が違う?

田中聖さんは、薬の所持をしていましたが使ってはいないとのことです。

所持と使用では、裁判結果がどう違うのか紹介します。

 

違法な薬での逮捕は、種類ごとに法律が異なります。

前回の、田中聖さんの逮捕歴(前科)での薬は輸出入、所持、栽培、譲受、譲渡が禁止されています。

 

医療用に部分使用が認められていることや、有害性のない部位は日常生活でも使用されていることから使用自体は禁止されていないという特徴があります

 

ですが、所持していれば転売目的でない限り使用していることがほとんどですので、持っていることを理由に取り締まることは可能なのだとか。

 

今回、田中聖さんが入手した薬は、使用も所持も譲受も譲渡もすべてが違法となります。

 

薬の「所持」とは、自分の支配下に入れるということを指していますので、自宅に持っている、カバンに入れている、車に置いておくなどのほか、同居人が持っていることを知っていることも含まれるのだとか。

 

それで逮捕された際は、その所持の目的が重要です。

 

転売等の営利目的での所持は、1年以上の懲役刑または情状により500万円以下の罰金を併科、非営利の場合は10年以下の懲役となります。

 

種類は色々ありますが、今回、入手したものの方が営利、非営利にかかわらず罪が重いことが一般的です。

 

また、芸能人やスポーツ選手の場合は社会的に与える影響が強いことからより重い懲役刑になったり、初犯ではなく再犯であることで懲役が長くなるなど、社会的役割に応じた求刑がなされる傾向にあります。

田中聖の裁判があると判決が気になる

田中聖さんの、裁判があるとしたら判決はどのような処分になりそうなのか考察しました。

 

起訴するかどうかの判断はこれからですが、2022年1月末に発覚した薬の所持について約1か月の捜査を経て身柄を拘束されています。

 

警察側は証拠を押さえており、逮捕したら起訴できると踏んでいる可能性が高いです。

 

前回が不起訴だっただけに今回はなんとしても田中聖さんを起訴し、対処したいと考えているのではないでしょうか。

 

入手した薬が、所持でも使用でも逮捕は可能でありより重い求刑も可能になりますよね。

 

芸能人の事件と言えば、たびたび逮捕されている田○さんは7年間の服役後に再度逮捕となり、懲役2年6か月となっています

 

元プロ野球選手の清○さんは懲役2年6カ月、ピエー○○さんと酒○さんは懲役1年6カ月に執行猶予3年でした

 

 

田中聖さんは、逮捕歴(前科)があるし、依存の程度がどの程度であるかによって刑期の長さが変わるように思います。

 

おそらく裁判になるとなればファンを含め傍聴席への希望者が、たくさんいるでしょうね。

 

 

田中聖のまとめ

田中聖さんの、薬の入手ルートは前回とは違うと噂されていますが今後、腹を割って本音を語ってくれることを望みます。

 

未だに元ジャニーズとかKAT-TUNの元メンバーと書かれています。

現在、ジャニーズで活躍している弟や活躍しているKAT-TUNメンバーに迷惑がかかると報道の仕方にも意見が出ている今回の逮捕。

 

田中家は家族仲、兄弟仲が良いことが知られているだけに今回は家族も田中聖さんを切るべきとも言われています。

 

尿検査や毛髪検査など様々な検査や聞き取りを経ての送検となると思うので、余罪もあるかもしれません。

 

ジャニーズ退所後も応援するファンはたくさんいて、自身もYouTubeやライブなどで精力的に活動していただけに意外な感じのする今回の報道がどのような決着を見せるのか、今後も注目していきたいと思います。

 

 

田中聖の薬の入手ルートはどこ?逮捕歴(前科)や裁判が気になる!薬の種類を調査

についてまとめてみました。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です