森昌文の若い頃の顔画像(写真)!経歴・年収が凄い?大仁田厚との家族仲は?

イベント情報

森昌文氏は、安倍晋三元内閣総理大臣の国葬の責任者として今注目されていますね。

 

若い頃の顔画像(写真)や、経歴・年収などが気になる人は多いでしょう。

 

長く国土交通省で働くエリート官僚でありながら、組閣に関わることがほとんどないためあまり知られていない人物ではないでしょうか。

 

私も、国葬の責任者として顔と名前が出てくるまで全く存じ上げませんでした><

そんな知られざるエリートは、一体どのような人物なのでしょうか。

 

今後国葬の実施に当たりメディア露出も増えるでしょう。

 

今回は、森昌文氏の若い頃の顔画像(写真)や、経歴・年収情報と大仁田厚さんとの家族仲などについて見ていきましょう。


スポンサーリンク


森昌文の若い頃の顔画像(写真)!

森昌文氏の若い頃の顔画像(写真)を紹介します。

 

44歳の時で、福岡地方整備局時代の森昌文氏の姿がありました。

天パなのかウエーブのかかった黒髪に眼鏡で穏やかな印象ですね(*^^*)

 

髪は真っ黒で白髪もなく、髭もはやしていないので年相応よりやや若い雰囲気です。

森昌文氏の若い頃の顔画像(写真)を見ると、なんとなくエリートっぽい雰囲気がありますが、嫌味っぽくはなく親しみやすそうなところがいいですね^^

 

福岡の外環道整備に関するインタビューに答えている記事がありましたが、言葉遣いも丁寧で分かりやすく感じました。

森昌文の若い頃の顔画像(写真)と現在を比較!

森昌文氏の若い頃の顔画像(写真)と、現在を比較しました。

国葬実施の責任者として任命された際の姿が出ていますね。

 

白髪交じりの眼鏡をかけた男性で、柔らかい表情が印象的です。

スーツ姿ですが、ニュースキャスターや気象予報士にいそうな感じです

 

森昌文氏は髭のないさっぱりした顔で、正面から見ても分かる福耳がポイントでしょうか。

若い頃から現在もも髪型が変わらないのは、この年齢の男性としては自慢できるポイントでしょう。

 

今のほうが笑顔の写真で、昔ののエリートっぽい雰囲気よりも優しい雰囲気が強く出ている感じがしますね。

森昌文氏は眉毛がうすく、ㇵの字なのも昔と変わらずです。

 

太った感じもなく体型もあまり変わっていないのでしょうね。


スポンサーリンク


森昌文の若い頃の生い立ち!

森昌文氏の若い頃の生い立ちを紹介します。

奈良県出身です。

 

東京大学の工学部出身の理系で、大学時代に土木工学や測量を学び建設省に入省しています。

建設省では道路や橋梁などが専門だったのだとか。

 

アメリカ運輸省の道路庁にも出庁経験があり、帰国後は九州など西日本方面で道路整備の指揮を取っていた経歴がありました

その後は、国土交通省道路局高速道路課長などの役職に就いているエリート官僚の森昌文氏。

 

京都大学で客員教授も務め、東京大学、立命館大学など多くの大学で教鞭をとるなど幅広く仕事をされていました。

最近では東日本高速道路株式会社の代表取締役や内閣総理大臣補佐官なども務めており、徐々に顔が知られてきている感じです。

森昌文の経歴が凄い?

森昌文氏の経歴を紹介します。

建設省・国土交通省在籍は約40年もありました

 

1981年に建設省に入省したのが22歳になるので、浪人や留年ナシの新卒ですね。

若い頃の20代は特に大きな活躍は知られていませんが、39歳でアメリカに出庁しています。

 

当時の顔画像(写真)や肩書は特に知られていません。

しかし、技官として働いていた経歴があるとのことで、専門家としての出庁だったのでしょう。

今後活躍する若手の人材として選抜されたはずです。

 

森昌文氏は、帰国後に建設省土木研究所ITS研究室の室長に就任するなど、徐々にキャリアを積んでいきます。

九州地方整備局福岡国道工事事務所の所長や高速道路課長など、本当にずっと道路関係の仕事ばかりです。

 

近畿地方整備局局長時代は、「京都・若狭・琵琶湖周回ドライブキャンペーン」という観光企画にも関わった経歴の持ち主です。

 

2015年に国土交通省道路局長に就任しました。

この頃から大臣官房技術審議官も務めるなど、国政に関わる仕事にも就いています。

 

2018年には国土交通事務次官に昇格し、2022年に内閣総理大臣補佐官に任命されています。

 

森昌文氏にそこまで目立つ経歴ではありませんが、40年ずっと日本の道路の専門家として第一線で仕事をしてきたプロです。

その仕事ぶりから徐々に政府官僚として頭角を現してきたのも納得です。

森昌文の年収が凄い?

森昌文氏の年収を調査しました。

国土交通省に勤務する職員は地方勤務であっても国家公務員です。

 

 

その年収は、現在で大卒初任給で23万円ほどだと言われています。

一般企業とそこまで大差はなく、大学院卒のほうが3万円くらい高いですね。

平均年収は628万円と言われています。

 

年収で見ると一般企業よりやや高くなるのですが、若いうちは給料が低いという口コミもあり福利厚生はしっかりしていても給料で言うとそこまで高いわけではなさそうです

 

それでも平均年収が上がるということは、おそらく長年勤めていると基本給や役職手当が増えるのでそのような諸手当で給料が上がる仕組みのようですね。

森昌文氏も若い頃は、そこまで給料が高いわけではなかったかもしれません。

 

バブル期は分かりませんが、最近は特に公務員の給料は世間からも厳しい目で見られています。

勤続40年で様様な部署で所長や局長などを歴任している経歴から考えると、森昌文氏の年収は600万円よりは高くなっていると思います。

 

国土交通省は職種によってやや給料が違いますが、おそらく総合職に分類される森昌文氏の場合、2000万円近くになるのではないでしょうか。

公表されているデータだと、総合職では35歳で本庁の課長補佐の場合で年収700万円、50歳で本庁の課長になった場合で1200万円、50歳以上で局長クラスは1700万円と言われています。

 

とんでもない金額でした><

 

それに加え、客員教授や内閣総理大臣補佐官など兼任している仕事もあるので、さらに給料は上乗せしているでしょう。

やはり森昌文氏は、エリートであることは間違いないですね。

森昌文は若い頃から大仁田厚と家族ぐるみの付き合い?

森昌文氏は、若い頃から大仁田厚さんと家族ぐるみの付き合いなのか紹介します。

現在は交流はなさそうです。

 

元プロレスラーから国会議員になった大仁田厚さんの議員時代は、2001年から2007年頃までです

一方で森昌文氏は2000年にアメリカから帰国し、主に九州で地方整備にあたっていました。

 

当時はまだ政治に大きく関わるようなポジションではなかった森昌文氏ですので、政治家である大仁田厚さんとの直接の接点は少ないでしょう。

 

ですが大きな省庁ですし政治家とのかかわりもあるでしょうから、どこかでツテを辿って交流することはあるかもしれません。

上司に付き合ってとか人脈がものをいう世界でもあると思うので、接待していても不思議ではありませんね。

 

森昌文氏自身にプロレス好きという話はないようですので、大仁田厚のファンという可能性は低そうです。

 

【森昌文氏の関連記事】

森昌文に結婚した妻(嫁)や子供はいる?家族構成が気になる!評判について

 

 

森昌文の若い頃のまとめ

森昌文氏の若い頃の顔画像(写真)は、眼鏡姿でいかにも賢そうな印象でした(*^^*)

 

総理大臣補佐官の経歴があるので、首相官邸で見るようになると一見国会議員?と思ってしまうのですが、あくまでも国土交通省の人間です。

見事なまでのエリートコースを歩んでおり、おそらく年収600万円以上はあるでしょう。

 

昔から穏やかそうな外見で優しい雰囲気が素敵なです。

官邸への出入りが増えてくるにつれメディア露出も増えてくるのではないかと思います。

 

あまり補佐官をクローズアップする機会はないので、今回初めて名前を知った方も多いでしょう。

もしかすると今後も継続的に聞く名前になるかもしれないですので、是非名前だけでも覚えておきたいですね。

 

 

森昌文の若い頃の顔画像(写真)!経歴・年収が凄い?大仁田厚との家族仲は?

についてまとめてみました。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です