田口翔(山口県)の目撃情報!現在の居場所はどこ?金は紙クズでどうなる

イベント情報

田口翔さんが、山口県阿武町で給付金の誤振り込み問題で雲隠れして注目されていますね。

 

目撃情報や、現在の居場所はどこなのかなどが知りたい人は多いのではないしょうか。

 

463世帯分の給付金4630万円を、間違えて1世帯に全額振込してしまったという今回の事件。

一度は、話し合いで返金に応じていたものの土壇場で態度を急変させ、逃走してしまいました><

 

指名手配犯並に、探されているのですが理由は、大金の持ち逃げをしているから。

田口翔さんに連絡をして、銀行での給付金の組戻しをする予定でした。

 

今回は、給付金持ち逃げした田口翔(山口県)の目撃情報や、現在の居場所はどこなのかなどについて見ていきましょう。


スポンサーリンク


田口翔(山口県)の目撃情報!

田口翔(山口県)の目撃情報を紹介します。

 

公金の振り込みがあった後に、仕事を辞めて給付金を持ちながら夜逃げしていると言われています。

1年半前に市が行っていた空き家バンクを利用して、引っ越してきました。

 

給付金の支給対象者であったということは、働いていてもあまり収入が多くなかったのでしょう。

田口翔(山口県)さんの目撃情報として、ホームセンターで働いていたとSNSでコメントがありました。

 

移住給付金を、もらう生活だったようですから、余裕のある生活ではなかったのでしょう。

今回、給付金の4630万円の返金は本人も同意し、銀行まで同行したのに入り口で入店拒否をし、公文書の郵送を希望すると言い出したのだとか。

 

その後、と話し会うことを拒否して、返金してもらう予定の相手は電話や自宅訪問を繰り返しようやく会えました。

ただ、「お金はすでに動かした。もう戻せない。犯罪になることは分かっている。罪は償う。」と話したと言われています

 

町長はこれらの経緯を会見で謝罪し、公金である給付金の回収のために田口翔(山口県)の目撃情報を募集しています。

町議会は、最大限の努力でやっと一定量の証拠を得たとしており、現在の居場所がどこか定かではない行方不明の田口翔さんを発見次第、問い詰める方向性なのだとか。

 

ですが、すでに現金を持ち逃げしていて、海に捨てたり燃やして証拠隠滅を測っていたら給付金は紙クズ同然になっている恐れもあるでしょう><

 

移住前は、山口県阿武町が自宅住所ではなく別の市に住んでいたと言われています。

年齢的にそこが実家だと思われるので、もともと山口県民だったのですね。

 

ネットでは過疎化も進み子供が少ない地域が多いとされており、同級生も少なくすぐに人物を特定されるのではないかという見方も出ています。

 

一方でここまでのミスが発生することと、田口翔さんの目撃情報が乏しいので逃走経路がどうなるのか予想が難しい状況です><

かつて銀行員が、碑林相手のためにオンラインの不正操作を行って2億を横領しようとした事件もありましたよね。

田口翔(山口県)の現在の居場所はどこ?

田口翔(山口県)の現在の居場所はどこなのか考察しました。

 

住んでいた空き家の大家は「男前のいい子」と話していたので、悪い人物ではないのかもしれません

大金を手にして人が変わったか、4630万円の給付金があると分かった田口翔(山口県)に入れ知恵した人物がいる可能性もあるでしょう。

 

私は、目撃情報が出て、現在の居場所が発覚するのを恐れて誰かにかくまって貰っているので発見できていないと思います。

また、母親の説得を拒否した以上、実家に帰るという手はないはずです。

 

犯人を匿って罪に問われることは皆避けるでしょうから、友人知人宅などはなかなか頼れないでしょうね。

田口翔(山口県)の本名がばれているのでカードなども使えないでしょう。

 

 

いくらか現金をもって逃げているで、「衣・食・住」を整える生活は余裕があります。

しかし、追いかける人数のほうが圧倒的に多いので居場所を特定されるのは時間の問題でしょう。


スポンサーリンク


田口翔(山口県)の居場所は海外の可能性はある?

田口翔(山口県)の現在の居場所は、海外の可能性はあるのか紹介します。

今回逃げてから、氏名が公表されるまで約1カ月ほどありました。

 

海外逃走をする場合パスポートを所持していなければ、作成しないといけないですし本名が公表されている以上、作る段階で特定されるでしょう

田口翔(山口県)が、ビザを作れて海外に出国していたとしても、空港の出国記録を見れば行き先は分かります。

 

 

偽造パスポートであれば、さらに罪が増えるだけです。

今は海外への出国も気軽にできるご時世ではありませんし、入国しようとしている国の対応が厳しければ外国人達からの目撃情報が日本に提供されるでしょう。

 

そしたら、現在の居場所を特定されて日本に強制送還となります。

海外に逃走するなら、少なくとも一人ではなく共犯者がいるのでしょうね。

田口翔(山口県)のSNSの目撃情報

田口翔(山口県)のSNSの目撃情報を調査しました。

同姓同名のとばっちりを受けた方々はいても、本人のアカウントは特定されていません。

 

夜逃げする段階でアカウントを削除したか、そもそも持っていなかったかは不明です。

田口翔(山口県)さんが、24歳という年齢を考えればFacebook・TwitterなどのSNSはやっているでしょう

 

 

ただ、自ら居場所がどこなのか発信するというクズで愚かなことはしないでしょうね。

勤務先が山口県萩市だったことと、仕事は農林水産関係であろうことまでは調査が進んでいるので、顔写真の特定にも力が入っています。

 

同姓同名の他の方に迷惑が及ばないようにとの声もあり、SNSからの目撃情報はもう少し時間がかかりそうですね。

田口翔(山口県)が給付金持ち逃げした理由は何?

田口翔(山口県)が、給付金持ち逃げした理由は何なのか紹介します。

 

自分の口座が大変なことになっているなんて、思ってもみなかったでしょう。

銀行まで同行していますし、返還すべきものというのも分かっていたはずです。

 

きっと銀行に向かう途中で「自分のミスではないのに、なぜ自分がいかないといけないのか」とか「自分は悪くないじゃん」とか思ってしまったのでしょうね

 

 

田口翔(山口県)さんは、若いから一時的な大金に理性が吹っ飛んだ可能性はあります。

そこで冷静に立ち直るのではなく、悪いほうに向かったのには何か理由がありそうですね。

 

 

人に言えない借金でもしていたか、湯水のごとく買い物で使ったというクズな理由があったかもしれません。

冷静な判断力を失い、公金を「自分のお金」と思ってしまう気持ちはわかりますが理性を保って欲しかったというのが私の思いとしてあります。

田口翔(山口県)は給付金持ち逃げで使い道は何?

田口翔(山口県)は、給付金持ち逃げで使い道は何なのか紹介します。

誤振込のあった当日から、カード決済で多額のお金が引き出されていると言われています。

 

ほぼ毎日お金を動かしていたそうで、2週間弱で口座からお金が無くなったのだとか

田口翔(山口県)は、現在も居場所が特定されないように、色々な地方のATMとかでお金を引き出していたり、出金の指示をした人物がいる可能性もあるでしょう。

 

返還義務があることを知っていたけど、給付金をすぐに返せないように銀行口座からお金を抜いておけば、簡単にはお金は戻りません。

 

田口翔さん本人が、罪になることは分かっていると話していますから、返さないといけないという事は知っています。

使ってしまっても罪ですが、使わずに持っていても脱税になるので、結局罪になるだけという冷静な意見もSNS上ではあります。

 

お金は移したと話しているので、使ったのではなく別口座に移動したのでしょう。

そうなると、給付金の4630万円の使い道は投資やギャンブルも考えられます。

 

うまく増やしてやるという人物に預けた可能性もあります。

私だったらどうするかなと考えますが、返還しなくていいなら住宅ローンかえすかなぁというくらいしか思いつきません。

 

 

 

田口翔(山口県)のまとめ

田口翔(山口県)さんの、目撃情報は仕事を退職するまではホームセンターで働いていた姿を見たという人がいました。

 

急に銀行口座に大金が入金されたら、誰だってびっくりしますよね。

今回のように、誤送金で不当に得た大金には返還義務があります。

 

銀行が勝手に戻せばいいと思ってしまいますが、それはできないのだとか。

本人の口座にお金はなく、差し押さえられるような財産を所持していなければ公金の回収は難しくなってしまいますね。

 

現在の居場所は、実家がある山口県から遠く離れていますが海外に居る可能性はまだ低いでしょう。

時効まで逃げ切ろうと思わずに、冷静になって姿を現して欲しいですね。

 

 

田口翔(山口県)の目撃情報!現在の居場所はどこ?金は紙クズでどうなる

についてまとめてみました。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です