小池百合子都知事の入院先病院はどこ?病状・入院理由が気になる!持病はある?

イベント情報

小池百合子都知事が、東京オリンピック・パラリンピックを1か月後に控えた中、突然体調不良を訴えて休養しました。

 

入院先病院はどこなのかや、病状・入院理由などが気になる方は多いのではないでしょうか。

 

最後にカメラの前に姿を見せた時も、「すみません。ちょっと声がかれていまして、こんな声で恐縮です。」と、かすれた声で体調不良を訴えていました><

 

 

その後、テレビ番組で出演予定だった、約30分間のリモート出演も体調不良でキャンセルし、今週の公務もすべて取り止めています。

 

都民からは、「ビックリというのと、オリンピックもある中で少し不安」「しっかり休んでもらって、また元気になって、努めてもらいたい」などと、心配と不安の声が上がっています。

 

休養中の公務は代理で、多羅尾副知事が務めるということでした。

 

とても重要で難題な公務が重なり疲労が蓄積してしまったのでしょうね><

 

今回は、小池百合子都知事氏の入院先病院はどこなのかや、病気の病状・入院理由などについて見ていきましょう。


スポンサーリンク


小池百合子都知事の入院先病院はどこ?

小池百合子都知事氏の、入院先病院はどこなのか調査しました。

 

現在、都内の病院に検査入院しています。

最近ですと、小泉進次郎環境大臣、安倍晋三前首相、山田真貴子前内閣広報官なども緊急入院しました。

 

安倍晋三前首相は、東京・信濃町の慶応大学附属病院で療養されています。

 

小池百合子都知事氏の、入院先病院はどこかは特定されていませんが、国会議員が入院するときによく使われる以下のような医療施設があります

  • 虎の門病院
  • 聖路加国際病院
  • 東京慈恵会医科大学付属病院
  • 東京女子医科大学病院

 

 

また、芸能人が多く利用する病院もいくつかあります

  • 三井記念病院
  • 慶応義塾大学病院
  • 愛育病院
  • 山王病院

 

このような病院の病室は、まるでスイートルームのようなお部屋なんだとか(*^^*)

 

病室に、バス・トイレ・洗面所が完備されており、来客対応のためのソファーやテーブル、電子レンジや冷蔵庫、クローゼットまであると言われています。

 

小池百合子都知事もこの中のどこかの病院に入院している可能性は高いでしょう。

 

東京都知事なので、個室の完備やセキュリティー面がしっかりした病室に運ばれて優秀な医者や看護師さんたちに治療をしてもらっているでしょうから病状の回復が早いと思います。

 

私も入院したことはありますが、普段使い慣れているベッドや布団ではないと、中々眠りにつけず入院生活が少しストレスに感じました><

 

小池百合子都知事が入院先病院の病室はホテルのような立派なお部屋ではあると思うので、このような心配はないでしょうね(^-^)

 

今は、代理の多羅尾副知事にすべてを任せて、ゆっくり体を休めてもらいたいですね(^-^)

 

小泉進次郎環境大臣は、診察からすぐに手術が受けられ、とても豪華な個室でかなりの高待遇だったことが話題になりました!

 

診察からすぐに手術、普通では考えられないことですよね。

 

心の準備も出来ないまま、手術をこともすごいと思います(^-^;

小池百合子都知事の入院先病院の治療内容が気になる

小池百合子都知事の、入院先病院の治療内容を調査しました。

 

検査入院ですから検査から始めるでしょう。

そして、検査結果次第で治療方法も変わってくるのではないでしょうか。

 

今回の報道では、小池百合子都知事は過度の疲労とされていますが、疲れは良質な睡眠、バランスの良い食事、生活リズムと整えることで改善できます。

 

慢性的な疲労になると、「思考能力の低下・行動量の低下・頭痛・肩こり・腰痛」などの症状を引き起こしてしまいます><

 

そうなると、今後の公務に影響してしまいますので、ぜひ入院中にゆっくり体を休めてもらいたいですね。


スポンサーリンク


小池百合子都知事の入院先病院の治療期間

小池百合子都知事の、入院先病院の治療期間をご紹介します。

 

公務を離れるのは、今週いっぱいと報道にありました。

なので、少なくとも、2021年6月27日までは治療をしている可能性が高いでしょう。

 

小池百合子都知事は検査入院ですから、検査結果次第ではもう少し退院する日が先になる見通しもあります

 

これまで休まず、東京を支えてきていますから心配もあると思いますが、まずは、ゆっくり休んで元気な姿を見れる日が楽しみですね(^-^)

 

 

小池百合子都知事は、入院先病院で安静にしているということは、ゆっくり疲労を回復させることができる他に、新たな感染症や病気にかかりにくいという利点もあるでしょう^^

 

 

看護師さんや医師が、常に側に居てくれて病状を確認してくれたり、入院理由の相談にのってくれたりしているのでとても安心して一日を過ごすことができているでしょう。

小池百合子都知事の病気の病状が気になる!

小池百合子都知事氏の、病気の病状をご紹介します。

休養の原因として発表されたのは、過度な疲労でした。

 

去年の小池百合子都知事の会見を見ると、しっかり声も出ていて、元気がありましたが、最近は、会見中に咳き込んだり、声が弱々しく疲れていて元気のない姿が多かったですね><

 

SNSでは、「最近、元気がない、、」など、小池百合子都知事を心配する声が多く寄せられています。

 

本人のTwitterでは、「何となく元気のない、うつむき加減の日本を元気にしたい、、、」とツイートされていました。

 

 

長引くこの状況には、全国民が疲れているので、支える立場の小池百合子都知事が疲れないわけがないですよね(^-^;

 

たくさんの対応に追われて激務が続き、体調不良の兆しは4月12日あたりからあったと言われています。

 

現在68歳で、7月15日で69歳になる小池百合子都知事。

今回の体調不良により、病気にかかってしまわないか心配ですね。

 

 

入院先の病院で身体の検査をしてもらったら、大病が発見された恐れもあるでしょう><

 

表向きは過労ということで、治療をしていますから、病気ではないので病状は深刻ではないでしょうが、今回の入院で身体のどこかに大病が見つかったことも十分考えられます。

 

 

小池百合子都知事は、今週中には退院して公務に戻ると言っていますが、深刻な病状であればしばらくは病院で安静にしなければいけません。

 

また、最近、愛犬が天国に行ってしまったとも報じられており、その悲しみも今回関係をしているとも囁かれています。

 

 

真相は、小池百合子都知事しかわかりませんが、心と身体を元気に回復させてから、政治活動を再開して欲しいですね。

小池百合子都知事の入院理由が気になる!

小池百合子都知事の、入院理由を調査しました。

現在、身体に負担がかかりすぎて疲労が溜まり院しています。

 

疲れを感じている時は、体に大きく負荷がかかってしまいます><

 

疲労には、「末梢性疲労」と言う体の疲れと、「中枢性疲労」と言う脳の疲れの2種類あります

 

小池百合子都知事は、現在様々な重要任務を任されており、対応に追われる日々が続いています。

 

 

ですので、入院理由は心理的・精神的な疲れによる、「中枢性疲労」でしょう><

 

疲れを抱え込みたくなくても、うまく発散できないことは、誰にでもあると思います。

 

1度発散できず抱え込んでしまうと、その後は疲労が蓄積され、最悪な事態になってしまいます。

 

小池百合子都知事は、現在の日本がこのような状況なのと、様々な対応に追われていて、体を休める時間がなかったのではないでしょうか。

小池百合子都知事は持病がある?

小池百合子都知事は、持病があるのかご紹介します。

 

1997年(45歳)、当時衆議院議員だった頃に盲腸の手術をしています。

盲腸の手術は、多くの方が受けることがあるようなどで、あまり深刻なことではないと言われています^^

 

1998年(46歳)、下腹部に異常な痛みを感じ受診したところ、子宮筋腫と診断され、子宮全摘出の手術を受けています。

 

闘病生活を終えた後、手術後の心境について「子どもを産める歳ではないけれど、もう、女じゃなくなったのが悲しい」と涙ながらに答えたと言われています

 

子宮全摘出というのは、女性にとってとても辛いことです><

小池百合子都知事は、精神的にも強くダメージを受けたでしょうね。

 

手術されるまでは、ひどい貧血と下腹部の激しい痛みで辛い日々だったそうですが、「女だから、と甘えたくない」と我慢してしまったことを話しています。

 

今回の過度の疲労も、そのような思いがあり、限界まで我慢してしまったのでしょう。

 

2006年(54歳)、40度近い高熱が出てしまい、肺炎で入院しています。

その後、順調に回復し、2週間後には公務に復帰したと言われています。

 

健康でなければ、私生活も苦労しますし、仕事にも影響が出てしまいます。

 

小池百合子都知事は、持病があり何度か入院を繰り返していますが、これからは病気にかからず、健康で長生きして欲しいですね(^-^)

 

小池百合子都知事のまとめ

小池百合子都知事の、入院先病院は国会議員や政治家の御用達である東京都内の「聖路加国際病院・東京女子医科大学病院・虎の門病院・東京慈恵会医科大学付属病院」などの可能性が高いでしょう。

 

いつも元気で明るい女性ですが責任重大な激務が続き、体調を崩してしまいました。

 

 

過去の病気を乗り越えた経験から、「女だから、と甘えたくない」という思いで、これまでもたくさん我慢してしまうことが多かったのでしょう。

現在、どこの病院で療養しているのかや治療方法、病状などは公表されていませんが疲労の原因は、「中枢性疲労」だと言われています。

 

何をするにも、健康な体でいることが1番大切なので、無理せず、また元気な姿をテレビで拝見できる日が楽しみですね(^-^)

 

小池百合子都知事の入院先病院はどこ?病状・入院理由が気になる!持病はある?

についてまとめてみました。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です