渋沢千代の顔写真(画像)!wikiプロフや死因がヤバい?子供や兄弟について!

イベント情報

渋沢千代さんは、渋谷栄一氏の前妻で栄一が18歳の時で、千代が17歳だった時に結婚したと言われています。

 

顔写真(画像)やwikiプロフ情報と死因などについて、気になる方は多いのではないでしょうか^^

 

日本資本主義の父とも呼ばれ、近代日本経済の礎を築いた渋沢栄一を支えた尾高千代は、女好きの亭主をもったおかげでとても苦労したと言われています。

 

残念ながら、夫婦で晩年まで一緒に生活をすることは出来ずに病気でこの世を去ります><

 

今回は、渋沢千代さんの顔写真(画像)や、wikiプロフや死因についてと子供・兄弟などについて見ていきましょう。


スポンサーリンク


渋沢千代の顔写真(画像)!

渋沢千代さんの、顔写真(画像)をご紹介します。

 

当時17歳の時に、1つ年上の渋沢栄一氏と結婚しました。

お互いに「いとこ同士」の関係でした。

 

子供の頃から同じ、学問を教える場所に行っていたのでお互いに話すことも多く恋人関係になるのは時間がかかりませんでした^^

渋沢千代にとっては、兄貴のような存在だったのでしょう。

 

明治時代の男女の結婚する平均年齢は「男性は21歳、女性は19歳」だったと言われています。

 

渋沢千代さんの、顔写真(画像)を見ると決してブサイクではない容姿なので異性から好意を寄せられることは度々あったでしょうね^^

 

渋沢栄一氏が惚れるのは無理もないなと思いました(*^^*)

 

子供の頃から、知っているので気心の知れた間柄だったでしょうが楽しい結婚生活は長く続きませんでした><

 

やがて、2人は別居することになるのです。

その理由は、天皇を尊ぶ「尊王」論と外国を打ち払う「攘夷」が合わさった「尊王攘夷」思考に渋沢栄一氏が目覚めてしまったからだとか。

 

簡単に言うと、「天皇を守り外国人を追い出そう!」という思考です。

 

その後、幕府の側近となってパリの万国博覧会に参加するために渡仏した為、渋沢千代とは別居となりました。

 

旦那が世界で活躍する様は渋沢千代にとってはうれしい反面、一緒に暮らせず寂しい思いだったのでしょう><

 

元々農民であった渋沢栄一が20代という若さにして武士へ、さらに幕府の側近となりました。

 

渋沢千代さんは、若くして夫を支え続けていたのに、愛を育む時間が少なかったのは可哀想ですね。

渋沢千代の顔写真(画像)は美人?

渋沢千代さんの、顔写真(画像)は美人なのかご紹介します。

着物が似合う日本顔の女性であり美人でしょう(*^^*)

 

私は、渋沢千代さんの顔写真(画像)を見て物腰柔らかい女性で妹気質と思いました^^

 

 

夫婦生活は、長いですが渋沢栄一氏と一緒に過ごした期間はわずか4年ほどだったと言われています。

 

渋沢栄一氏にとって、妹的な存在であったであろう奥さんを自宅に置いていくのは葛藤があったのでしょう。

 

妻と離れて暮らしてからは、手紙のやり取りをしていたと言われています。

 

明治時代は、カラー写真とかがないですからカメラで家族の姿を撮るという風習はまだありません。

 

令和の時代だったら、美人な渋沢千代さんの顔写真(画像)を何枚か、渡仏する際に持っていって寂しくなったら見返したりできたでしょう><

 

また、明治時代は電話も当然ないですから、連絡手段と言えば「文通」しか手段がなかったわけなんです。

 

しかも、現在は、手紙や郵便物は遅くても2日ほどで届きますが、明治時代は4~5日かかっていたんだとか。

 

もし、渋沢千代や夫に不幸があってこの世からいなくなってしまっても、簡単に死因を伝えることもできなかったでしょう><

 

私は、不便すぎる時代に生まれなくて本当に良かったと思います(笑)

 

ですが、昔の人にとっては顔画像(写真)がカラーじゃなくても、連絡手段が手紙しかなくても、それが当たり前の生活だったのであまり不便だとは感じていないでしょう。

 

手紙は、燃やさなければずっと残り続けますから文通で愛を育むのもまたロマンティックですね^^

 

携帯電話がないので、相手から手紙が来た時にはすごく嬉しかったと思います^^


スポンサーリンク


渋沢千代のwikiプロフ!

渋沢千代さんの、wikiプロフをご紹介します。

 

NHK大河ドラマ「青天を衝け」では、渋沢栄一氏を主役とした物語が放送されていますが、番組を視聴して頂くと、いかに千代が頑張って亭主を支えていたかがわかります。

 

夫の子供や子孫は何十人もいるので、妾や愛人も多かったんですね><

 

私だったら、絶対に他の女性が自分の夫と仲良くしている姿を見ると嫉妬して気が狂うでしょう(笑)

 

【渋沢千代のwikiプロフィール

  • 名前:渋沢千代(しぶさわ ちよ)
  • 本名:尾高千代(おだか ちよ)
  • 生年月日:1841年
  • 年齢:享年42歳
  • 出身地:武蔵国榛沢郡下手計村(現在の埼玉県)

 

渋沢千代は、父親の尾高保孝と母親の「やへ」の間に誕生しました。

 

wikiプロフ情報の出身地は、昔は「武蔵国」だったのですが現在の埼玉県深谷市のことです。

 

母親のやへは、渋沢一家の分家である「東の家(ひがしんち)」の血筋だったと言われています。

 

この分家「東の家」は、渋沢栄一氏の父親である渋沢元助のお姉さん(やへ)の自宅です。

その為、渋沢栄一氏と千代はいとことなっています。

 

私の両親も、実は、従兄弟同士で結婚していて、その子供が私なんです。

 

私は、昔は親が親戚同士なんて普通じゃないと思っていて「コンプレックス」に感じていました><

 

それは、血筋が近い者同士が結婚してしまうと、産まれてくる子供に障害があったり五体満足で誕生する確率が低くなると言われているからです。

 

 

幸い、私は何も障害や身体にハンデを負うことなく、健康に育ちました^^

 

ただ危険性はありますから、あまり推奨はできませんよね。

 

渋沢千代と栄一氏の結婚の時は、従兄弟同士の弊害はそこまで情報もなかったでしょうから気にしていなかったかもしれませんね。

渋沢千代の死因がヤバい?

渋沢千代さんの、死因をご紹介します。

 

顔画像(写真)を見ると、どれも若い頃のものしかないのは享年42年という短い人生で幕を閉じているからんですね><

その死因は、「コレラ」という病名で渋沢千代の体を蝕んでいきました

 

長女の歌子さんが結婚した翌年に、天国に行ってしまっているので、もう少し子どもと触れ合いたかったでしょうね><

 

夫と別居生活で、なかなか一緒に過ごす時間がとれなかったのですが何回も文通をしていたと言われているので心は繋がっていたのでしょう^^

 

コレラとは、コレラ菌が身体の中に入ることで感染症を引き起こし胃腸炎になります。

 

感染経路は、コレラ菌に汚染された水や食べ物などを飲食することによって体内で悪さをしてしまいます。

 

発症までの期間は、1日と短く下痢を中心とした症状に悩まされます><

 

渋沢千代さんが結婚した1858年は、「ペリー来航」により長﨑からコレラが蔓延していた時代だったんですね

 

その後、江戸にも飛び火し26万人もの犠牲者がでたと言われています。><

 

渋沢千代さんが発症したのはそれから30年ほど後だったと言われていますが、当時の医療体制から完治は難しく多くの人の死因になっていたんだとか。

 

発症後数時間で、天国に行ってしまう可能性がある病気とは恐ろしいですね><

渋沢千代の子供について!

渋沢千代さんの、子供についてご紹介します。

 

旦那とは、結婚生活のほとんどを離れ離れに暮らしていますが子づくりはしていて、4人のお子様が誕生しています(*^^*)

 

渋沢千代の子供たち

  • 1862年=長男=渋沢市太郎(享年6ヶ月)
  • 1863年=長女=渋沢歌子
  • 1970年=次女=渋沢琴子

 

次女の渋沢琴子の後にも、三女の渋沢糸子が誕生していますが、幼い時に帰らぬ人になっていると言われています><

 

そして後に渋沢栄一と千代は、千代の弟でもある尾高平九郎を養子として迎えています。

 

死因は詳しくはわかりませんが長男の市太郎は6ヶ月で、三女の糸子は幼い時に天国に行ってしまっているのでとても可哀想です><

 

亭主とも、別々に暮らしていることもあり、渋沢千代さんの悲しみはとても深かったでしょう。

渋沢千代に兄弟はいる?

渋沢千代さんに、兄弟はいるのかご紹介します。

 

後に養子として迎え入れた弟の「尾高平九郎」の他に、兄が一人います。

 

その兄とは「尾高惇忠」で、子供の頃から学問が得意だったんだとか。

 

渋沢栄一と千代が幼少期に通っていた塾こそ、兄の「尾高惇忠」が自分の家に開いた「尾高塾」だったと言われています

 

「尾高惇忠」が、17歳のころから幕末の時期まで近隣の子供たちを集めて指導していたんだとか^^

 

兄弟3人とも学力はかなり優秀だったのでしょうね。

 

幼少期の渋沢栄一の学問を支えた兄の「尾高惇忠」もまた偉大な人物ですね^^

 

子どもを2人も失い、夫とも別居生活を強いられていた渋沢千代さんの心の傷はかなり深かったと思いますが一人っ子ではないので、心の寂しさを兄弟が埋めてくれた時期もあったのではないでしょうか。

 

【青天を衝けの関連記事】

イベント情報

渋沢兼子の顔写真(画像)!子供・子孫はいる?wikiプロフや死因をご紹介!

2021年6月16日

 

 

渋沢千代のまとめ

渋沢千代のwikiプロフ情報では、「本名:尾高千代(おだか ちよ)・生年月日:1841年・年齢:42歳(故)・出身地:武蔵国榛沢郡下手計村」です(*^^*)

 

顔画像(写真)を見ると、若い頃のものしかないのでどれも容姿端麗でとても美人でした。

 

死因は、コレラによりこの世を去ってしまいましたが波瀾万丈な生涯だったことは間違いないでしょう。

 

ですが、夫とは文通で愛を育んでいて心ではしっかりと繋がっていたので幸せな人生とも言えるのではないでしょうか。

 

渋沢千代の顔写真(画像)!wikiプロフや死因がヤバい?子供や兄弟について!

についてまとめてみました。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です