渋沢兼子の顔写真(画像)!子供・子孫はいる?wikiプロフや死因をご紹介!

イベント情報

渋沢兼子さんは、渋沢栄一氏の後妻で再婚をしています。

 

顔写真(画像)・子供・子孫についてや、wikiプロフなどが気になる方は多いのではないでしょうか(*^^*)

 

伊藤兼子さんは、江戸一の大富豪と呼ばれるほど成功を収めた伊藤八兵衛の次女で、父親は油会所を経営していました。

 

四姉妹の中でも、ひときわ美人で可愛いがられていたと言われています^^

 

栄一氏は、前妻の千代を病気で失ってしまうのですが、わずか1年ほどで立ち直り渋沢兼子さんと結婚しています。

 

きっと、それだけ一目惚れしてしまうくらい綺麗だったんでしょうね^^

 

あるいは、落ち込んでいた栄一氏を励まし続けていたことで、お互いに恋愛感情を持つようになったのかもしれません。

 

今回は、渋沢兼子さんの顔写真(画像)や、子供・子孫はいるのかとwikiプロフや死因などについて見ていきましょう。


スポンサーリンク


渋沢兼子の顔写真(画像)!

渋沢兼子さんの、顔写真(画像)をご紹介します。

 

すっとした顔立ちで美人ですね^^

 

背も高そうで和装はもちろん、洋装も似合いそうな印象がしました(*^^*)

 

渋沢兼子(旧姓:伊藤兼子)さんは、渋沢栄一さんの後妻です。

 

 

お互いに初婚ではないので、夫婦生活がどんなものか理解していたと思います。

 

そのお陰もあってか、晩年まで仲良く暮らしているのですが渋沢栄一氏は昔から女好きで、他の女性にも手をだすことがあったんだとか><

 

どうりで、子供や子孫が何人もいるわけなんですね(笑)

 

きっと、渋沢兼子さんは夫を支え続ける為に苦労が多かったと思いますが、顔写真(画像)を見ると全然やつれているようには見えません

 

 

栄一氏の女性関係が派手だったけど、日本経済の発展に貢献し続けている偉人ですから、生涯にわたって夫を立ててきたのでしょう。

 

そして、渋沢兼子さん自身は、悩みがあっても周囲に愚痴を吐いたり、亭主に暴言を言ったりしないでずっと自分で抱え込んでいたのではないでしょうか。

 

実家は、江戸でも指折りの豪商だったと言われています。

 

18歳に家業を継ぎ、婿養子をとり1度結婚しています。

 

しかし、渋沢兼子さんの実家が為替取引に失敗して没落したことで当時の夫とは離縁し、芸妓を始めて日銭を稼いで生活していたんだとか><

 

その後、渋沢栄一氏と出会い再婚をします。

 

以前、渋谷兼子さんの実家が手放した深川の邸宅に栄一氏が当時暮らしていたと後に判明したと言われています。

 

二人の出会いは運命だったのでしょうね^^

渋沢兼子の若い頃と晩年の顔写真(画像)を比較!

渋沢兼子さんの、若い頃と晩年の顔写真(画像)を比較しました。

 

晩年を迎えても若い頃と変わらず美人だと思いました^^

 

栄一氏と仲良さそうに写るツーショットもありました(*^^*)

 

栄一氏は、前妻の渋沢千代の死因が病気だったということはわかっているので、きっと、後妻は絶対に同じ病にはかかって欲しくない思いがあったと思います><

 

あるいは、健康にかなり気を使うように言っていたのではないでしょうか。

 

そのお陰もあり、渋沢兼子さんの顔写真(画像)は全然、老け込んでいる感じがしなくて若々しいのかもしれませんね^^

 

渋沢兼子さんは、芸妓として活動する中で妾としての縁談が数多くあったんだとか。

綺麗な顔立ちなのでモテていたのですね^^

 

しかし、妾だけは嫌だと縁談を断り続けてきたと言われています><

 

そんな中で紹介されて出会った渋沢栄一氏は、本妻として渋沢兼子さんを迎え入れます。

 

本妻として迎えることを決めた理由は定かではありませんが、きっと魅力的に映っていたのでしょう(*^^*)

 

その後、明治初期を代表する資産家となる夫を献身的に支え続けました。


スポンサーリンク


渋沢兼子のwikiプロフ!

渋沢兼子さんの、wikiプロフをご紹介します。

 

栄一さんとの、夫婦生活はお互いに初婚ではなかったので「あうんの呼吸」や「ツーと言ったらカー」状態で、何かと細かく言葉にしなくても、気持ちはわかりあっていた場面が多かったでしょう^^

 

ですが、女好きの亭主でしたから、前妻や愛人など関係を持った女性たちと渋沢兼子さんは比べられてきたかもしれません。

 

渋沢兼子のwikiプロフィール

  • 名前:渋沢兼子(しぶさわ かねこ)
  • 本名:伊藤兼子(いとう かねこ)
  • 生年月日:1852年
  • 年齢:65歳(故)
  • 出身地:江戸
  • 職業:芸妓

 

 

渋沢兼子さんのwikiプロフ情報を見ると、「還暦」以上の寿命を全うされているので明治時代の女性では長生きした方でしょう。

 

子供の頃は、裕福な家庭で育っていたので初めての縁組はお金持ちの婿養子をもらったと言われています。

 

しかし、金銭運にはあまり恵まれていなかったのか、事業を継いでアメリカ「ウォルシュ・ホール」商会との共同事業が失敗に終わります><

 

その後も経営状況は挽回することなく没落してしまいました。

 

この頃の、渋沢兼子さんの顔画像(写真)が撮られていると、きっと笑顔で映れない状況だったのではないでしょうか><

 

渋沢栄一さんとの出会いは、夫と離別し芸妓として活動している中ででした。

 

様々な苦労を乗り越えてきたであろう渋沢兼子さんを見て、生きる力や年齢を重ねても老け込んでいない、その纏(まとう)う魅力に渋沢栄一は惹かれたのでしょうね(*^^*)

渋沢兼子の死因がヤバい?

渋沢兼子さんの、死因をご紹介します。

 

明治時代は、「ペリー来航」の時にコレラが流行りましたが当時の医療体制は貧弱なもので、感染するとほとんど完治が難しい病だったと言われています><

 

コレラにかかわらず、現代では容易に治せる病気も明治時代の人々にとっては脅威だったでしょう。

 

渋沢兼子さんのwikiプロフ情報では、享年65歳でこの世を去っています。

明治時代に生きた女性の中では、長寿だったでしょう。

 

死因は病気ではありませんが、過労だと言われています><

 

日本の経済の発展に、生涯をかけて精力を尽くしてきた渋沢栄一の妻として夫婦で渡米しルーズベルト大統領と会見したと言われています。

 

また、栄一氏が団長とした「渡米実業団」の一員として同行したりと旦那を支え続けました。

 

夫婦揃って日本から海外に、仕事で行ったりしているので見知らぬ土地で生活するのは気苦労が多かったと思います。

 

その影響もあり、渋沢兼子さんの身体は疲れ切っていたのでしょう><

 

第一線で活躍する渋沢栄一氏と共に、目まぐるしく活躍し天寿を全うされています。

 

私は、女性の方が男性より長生きするものだと思っていたので、疑問も残りましたがそれほど渋沢兼子にも負担がかかっていたのでしょう><

 

死因が病気だったら、突然、この世から旅立ってしまっていたかもしれませんが、働きすぎだったけど長生きされていたということは、栄一氏と兼子さんはお互いに感謝の気持ちを伝える時間は十分あったと思います。

 

ですので、二人の人生に後悔はなかったと思います^^

渋沢兼子に子供はいる?

渋沢兼子さんに、子供はいるのかご紹介します。

 

妾・愛人が周囲にたくさん居たと言われている夫ですが、きちんと奥さんとも子づくりをしています^^

栄一氏との間に、4人のお子様が誕生しました。

 

【渋沢兼子の子供達

  1. 1886年:渋沢武之助誕生(兼子34歳)
  2. 1888年:渋沢正雄誕生(兼子36歳)
  3. 1890年:渋沢愛子誕生(兼子34歳)
  4. 1893年:渋沢秀雄誕生(兼子41歳)

 

三男一女に恵まれた渋沢栄一と兼子夫妻。

ほぼ2年の感覚で出産していますが、大家族ですよね(*^^*)

 

4人目の渋沢秀雄を出産したときは、渋沢兼子が41歳と高齢出産となりました。

 

明治時代の医療体制を想像すると、重ねての出産は大変だったでしょう><

全員無事に出産し成長出来てよかったですね^^

 

日頃から、目まぐるしく活動する亭主を支えながらの子育ては大変だったと思います。

 

しかし、4人の子供に恵まれて過ごす日々は渋谷兼子にとっても幸せな日々だったでしょうね(*^^*)

 

育児をする中で怒ることも泣きたくなることもあると思いますが、子供を見ると癒されますもんね^^

渋沢兼子に子孫はいる?

渋沢兼子さんに、子孫はいるのかご紹介します。

 

次男の渋沢正雄の血筋に「鮫島純子」さんがいます^^

岩倉具視のひ孫の「鮫島員重」の妻となりました。

 

 

渋沢兼子さんの長女で愛子の子孫はのちに足利銀行監査役となる「明石正三」です。

そして、味の素の常務の「明石武和」の2人の息子に恵まれました。

 

 

三男で末っ子の秀雄の子供は「渋沢一雄」で音楽家です。

娘の「渋沢華子」は小説家となっています。

 

 

子孫となる方も素晴らしい経歴を持っていますね^^

 

渋沢一族の中で、オリジナルな家訓や教育法があったので子ども達はスクスクと健康に育っていたかもしれませんね(*^^*)

 

【晴天を衝けの関連記事】

イベント情報

渋沢千代の顔写真(画像)!wikiプロフや死因がヤバい?子供や兄弟について!

2021年6月15日

 

渋沢兼子のまとめ

渋沢兼子さんの、wikiプロフ情報は「本名:伊藤兼子・生年月日:1852年・年齢:65歳(没)・出身地:江戸・職業:芸妓」です(*^^*)

 

顔画像(写真)を見ると、若い頃からとても美人で女遊びが激しかった栄一氏が一目惚れしてしまうのも納得です。

 

波乱万丈な人生ながらも4人の子供達に恵まれ、夫を支え天寿を全うされています。

 

死因は「過労」だったと言われています。

 

苦労もたくさん経験していますが、それなりに幸せな人生だったのではないでしょうか^^

栄一氏が日本資本主義の父と呼ばれ、近代日本経済の礎を築けた背景には奥さんの支えがあったからこそでしょう。

 

日本の歴史の中で誇れる女性だと思います^^

私も大切な人の支えとなれる女性であり母親でいたいです。

 

 

渋沢兼子の顔写真(画像)!子供・子孫はいる?wikiプロフや死因をご紹介!

についてまとめてみました。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です